【枇杷サワードリンク(酵素ビネガー)の作り方】果実酒も。アンチエイジングや夏バテ防止に 薬に頼らず健康に

オレンジ色で優しい甘みが上品な「枇杷(ビワ)」。

ここでは「大薬王樹(だいやくおうじゅ)」ともいわれ、古来から珍重されてきた枇杷の果実を使った【枇杷サワードリンク】の作り方をご紹介しています。

枇杷とは?

初夏になるとお目見えする「枇杷」は、酸味が少なく甘くて上品な味わいです。

傷みやすいことから高級果物として珍重されていますが、コンポートやジャムなどに加工すれば長く楽しむことができます。

ビワの旬は初夏(5月から6月ごろ)ですが、ハウス栽培や早生品種に改良されたものもあり、早くは1月に実をつけるものもあります。ただし、傷みやすく寒さにも弱いため、おいしい期間は短いと言えます。

日本には江戸時代に中国から伝わり、品種改良を重ね今の果物となりました。関東より西の地域で主に見かけられ、長崎や千葉が代表的な産地です。

ビワの名前の由来はビワの実の形が楽器の琵琶に似ていることからきています。

学名 Eriobotrya japonica
科名属名 バラ科ビワ属
利用部位 葉、果実、種子
利用法 薬用、食用、茶用、浴用
薬効 消炎、下痢止め、解毒、神経痛など
生薬名 枇杷葉、枇杷花、枇杷根、枇杷核

枇杷の効能

枇杷の実には、抗酸化作用があることで有名なポリフェノールがたくさん含まれおり、アンチエイジングはもちろん、成人病の予防にも効果が期待できます。

またポリフェノールは、LDLコレステロールの酸化を抑える働きがあり血管のしなやかさが増すため動脈硬化の予防に効果があるといわれています。

糖分、余分な塩分を排出するカリウム、鉄分、疲労回復や夏バテ防止効果のあるビタミンB、免疫力アップ効果のあるビタミンC、クエン酸、リンゴ酸、βカロチンなども枇杷の実には含まれています。

βカロチンは、体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を保護する効果があるため美肌、粘膜保護に欠かせない栄養素です。

【枇杷サワードリンク(酵素ビネガー)】を作ってみよう

材料

枇杷の実
500g
氷砂糖 50g
りんご酢 100ml

作り方

枇杷の実をきれいに洗い、皮をむき、へたを取ります。

実は産毛が生えていてチクチクするので手袋をして作業すると良いです。

煮沸消毒ししっかり乾燥させた保存容器に①の枇杷をいれます。

その上に氷砂糖をいれ、最後にりんご酢を注ぎます。

ラップで蓋をし、さらに瓶の蓋もして1週間常温で保存します。

1週間たち、ザル、ボールなどで濾してジュースを取り出したら出来上がりです。

頂き方

2~5倍の水、炭酸水、お酒などで割っていただきます。

すっきりした味わいで夏バテにも効果がありそうです。

取り出した枇杷の実は、おつまみとしていただきます。おしゃれな梅干しのような爽やかな味がします。

 

【枇杷の果実酒】の作り方

「枇杷のサワードリンク」は子どもから大人まで楽しむことができますが、

大人の方には、「枇杷の果実酒」もおすすめです。

ただし枇杷は酸味が非常に少ないので、果実のほかにレモンの輪切りを加えて漬け込むとよいです。

 

【枇杷の果実酒】
枇杷 450gから500g
ホワイトリカー 900ml
氷砂糖 200g
レモン 50gくらい(お好みで)

 

【作り方】

清潔な保存容器に

果物(枇杷とレモン)→氷砂糖→果物(枇杷とレモン)→氷砂糖の順番に入れていきます。

最後にホワイトリカーを注ぎ、蓋をしっかり閉め冷暗所で保存します。

※ここに掲載されている内容は専門書などを参考に取りまとめた情報です。植物の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。あくまでも自己責任において使用をお願いいたします。使用に不安のある方は専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。妊娠中、授乳中、小さな子ども、持病がある方、その他心配なことがある方は注意が必要です。多量の摂取するのはやめましょう。

ハーブ・薬草を使うときの注意点

 

Follow me!